WORK

WORK vol.1 チーム感の強さで 時代にマッチする成功事例を生んだ Webプロモーションプロジェクト

member
  • (左から)
  • 加藤 壮馬 / 営業局(2014年入社)
  • 野口 卓矢 / コミュニケーションデザインセンター(2002年入社)
  • 皆川 壮一郎 / コミュニケーションデザインセンター(2002年入社)
  • 星山 知佳 / クリエイティブ局(2012年中途入社)
  • 木村 浩太 / 営業局(2007年入社)
2015年のスタート以来、大変な好評を博した「C.C.Lemon元気応援プロジェクト」がさらにパワーアップ。2016年7月に始動した第2弾でも、“元気”を軸に様々なプロモーションを展開しています。

部署、役割の垣根を越えたコミュニケーションで
主体的にアイデアを出し合うチームの空気

キャンペーン開始に合わせて公開されたWebコンテンツは、ソーシャルメディアで数多くシェアされる人気コンテンツとなりました。前例のないスタイルで「元気・応援」をユーザーに届けるプロモーション施策になったわけですが、企画を形にするプロジェクトチームでは、どのような関係性の中で制作に取り組んでいるのでしょうか。

木村メンバーがそれぞれ自分の役割に徹して作り込むというよりも、みんなで集まって1つの企画を進めていく、というスタイルですね。本来であれば、例えばデザイナーはデザインのことしかやらない、プロモーションはプロモーションに関わることしか考えない、という進め方になりがちですが、このプロジェクトでは全員がデザインについてアイデアを出し合い、映像やブランドサイト、PRから店頭施策に関することまで、活動のすべてを一緒にやっているという感覚です。その根源には、商品やブランドに対する想いの強さもあると思います。

野口そうした取り組み方は意外と難しいものなのですが、このチームのメンバーは本当に垣根を越えた関わり方ができています。営業やスタッフといった立場の違いに関係なく、同じレベルでクライアントが持つ課題の解決に必要な手段や戦略を一緒に考えることができる。そんなチーム体制だと思います。

星山一般的に、テレビCMやグラフィックデザインのことになると「じゃあ、クリエイティブ局でよろしくお願いします」と、半ば “おまかせ” の流れになりがちです。でもこのチームでは、クリエイティブディレクターが2人ともコミュニケーションデザインセンター所属であることも大きいのですが、すごく細かい部分まで見てくれていて、それをチーム全員でサポートする、といった動き方だと思います。また、クリエイティブディレクターの2人が、すごくみんなを盛り上げるのが上手くて、いい空気の中で若いメンバーも積極的に発言できるという雰囲気があります。

野口今まで自分が出会ってきた尊敬すべきクリエイターたちに共通していたのは、そういう風にチームを盛り上げたり、メンバーのモチベーションを引き出したりすることが上手いという点でした。自分もそうなりたいと感じていますし、皆川君ともよく話しているんですが、いい空気の会議でなければいいアイデアは生まれないと思うんです。

皆川僕が以前いた部署にも、若手社員が積極的に意見を言える雰囲気があって、20代後半だった自分も大きなプロジェクトに関わりながら成長できました。入社3年目の加藤君も頑張っていますよね。しっかりチームの一員としてアイデアを持ってきてくれるし、自分から主体的に発信していると感じます。

加藤皆さんがアイデアを出しやすい雰囲気を作ってくれているので、「僕のアイデアも行けるんじゃないか!」と感じながらやっています (笑)。木村さんと比べれば営業としてのスキルやプロジェクトを推進していくような腕力もまだまだ足りないと思いますが、営業としてしっかり考えながら、自分が主体となってプランナーをはじめチームメンバーと積極的に意見をぶつけ合う姿勢を身につけていきたいです。

自分の担当分野だけでなく、ひとつのプロジェクトの中ですべての課題や施策を主体的に考えることができる。そして、恐れることなく発言しながらメンバーとコミュニケーションを交わし、アイデアを企画に反映することができる。そんな空気があるからこそ、商品やブランドに対する強い想いを形にするため積極的に取り組める。それが今回のプロジェクトメンバーに共通する実感なのです。

大きな成功が生んだクライアントからの評価と
これからの時代に向かう作り手としての自信

皆川でき上がったものに対しては、クライアントから大変な好評をいただきました。「世の中を巻き込むことができる施策になった」という評価は、非常にありがたいと思っています。僕自身は、クリエイティブの最も進んでいるクライアントからお褒めの言葉をいただけることは、すごく自信につながりますね。

木村広告・プロモーションの分野に対する理解の深いクライアントなので、今回の企画に対してもご理解をいただきながら進めることができました。いいアイデアはどんどん伸ばそうとしていただけましたし、意見が衝突してしまうこともありませんでしたね。

星山クライアントに企画の本質をご理解いただいていたので、例えばあるアイデアが採用されなかった場合も、その理由ははっきりしていました。だからこそ、チーム内でも建設的なコミュニケーションが可能だったんだと思います。

皆川クライアントとのそういう関係性はとてもありがたいものです。「世の中の話題になる」という課題に対する評価をいただけたので、今後はより販売に貢献したいという想いが強くなっています。

建設的なコミュニケーションの中で企画を発展させ、チームのパフォーマンスをユーザーからの多大なる支持という結果に結びつけた今回のプロジェクトは、クライアントはもちろん、社内からも高い評価を得ています。この成功事例は、これからの時代におけるプロモーションに取り組む自社に、そしてプロジェクトに取り組む作り手としてのメンバーたちに、大きな自信と価値を与えているのです。

野口今回の事例から、自分たちのプロジェクトに活かせるヒントがないかと考える社内の別チームからの問い合わせがすごく増えています。それだけ、Webプロモーションの成功事例としてインパクトがあったのではないでしょうか。

皆川今回のプロジェクトは、メンバーである自分たちにとっても大きな経験になりました。今の時代、これまでのようにテレビCMを制作できるほど潤沢な予算が得られないケースも増えていますし、そもそも特に若い世代ではターゲットの中心がテレビの視聴者からWebユーザーにシフトし、コミュニケーションの場所もSNSなどのソーシャルメディアがメインになりつつあります。その状況の中で、これほど多くの人々に届く企画ができたというのは、自分たちにとって大きな自信につながったと思います。

チーム感の強さで戦える環境で
若手がチャンスをつかめる魅力

今回のインタビューの最後に、「読売広告社で働く魅力」について、抜群のチームワークの中で大きな成果を挙げたメンバーに答えてもらいました。

加藤入社して間もないタイミングでこのチームに参加した僕は、どこかそれを当たり前に感じてしまいますが、社歴に関係なくレベルの高い仕事に関われる点が当社の特徴だと思っています。もちろん当たり前のことではないはずですし、せっかくチャンスを得られているという実感もありますので、そのレベルの高い仕事の中でいい結果を出したいというのが僕の想いです。まだまだ日々勉強ですね。

星山チームの中では私だけ中途入社なのですが、他社と比較するとチーム感が強いというのが魅力だと思います。これまで経験してきた職場では、部署ごとの敷居の高さのせいで遠慮が生まれ、意見が出てこないことでせっかくの企画が死んでしまうこともありました。当社の場合は、誰でも積極的に発言できる雰囲気があるので、チームの中で企画をどんどんブラッシュアップしていけますし、若手社員でもチャンスをつかむことができます。そんな環境があるのはとてもありがたいことだと感じています。

皆川僕も同じように、チーム感の強さを感じますし、それはとても重要なことだと思います。先ほどの話と関係しますが、テレビCMが大量出稿されていた時代は、有名クリエイターを起用して話題を生み出すことが数多くありましたし、自分もそういうCMは大好きでした。でもこれからは、テレビだけではなくWeb、ソーシャルメディアなど、どこで話題が生まれるかわかりません。そんな時代においては、1人のスーパースターに頼って競合に打ち勝つことを目指すよりも、チームで戦っていくほうが圧倒的に強いはずです。それを実感させてくれたのが、今回のC.C.Lemonのプロモーションプロジェクトです。読売広告社は規模もそれほど大きくありませんが、その分、社員同士の距離が物理的にも、そして気持ちの面でも近く、コミュニケーションが取りやすい。このチーム感の強さが当社の魅力であり、他社よりも秀でている部分だと思っています。

野口本当に、これだけの無名の集まりで、よくこれだけの結果が生み出せているなと。僕もチーム感がこの会社の特徴だと感じますし、小規模ゆえにそのチームの中で活躍できるチャンスが大きいという魅力もあると思いますね。

木村人が少ない分、若いうちから多くの経験ができますし、大きなやりがいを感じながら働くことができると思います。入社後の早い段階から仕事の楽しさを実感できる点が、当社の最大の魅力ではないでしょうか。

12

PAGE TOP