PEOPLE

営業局 中村 裕一

コンサルタントであり、プロデューサーであり、クリエイターでもある。それが、広告会社の営業。

営業局 中村 裕一 YUICHI NAKAMURA

Q. 現在の仕事内容について教えてください。
今は営業として食品会社を担当し、テレビを中心としたメディア業務や、ゴルフトーナメントの業務に関わっています。 メディア業務では、CM投下を最適化するための戦略立案や、テレビ番組提供枠の提案、テレビ番組とのタイアップ企画など。ゴルフトーナメントの業務では、大会の運営やPR施策、大会を通じた企業ブランディング活動などに携わっています。
Q. 仕事のやりがいを感じるのは、どんな時ですか。
規模の大きな仕事に関われることです。メディアや大規模なイベント、タレント・著名人、最新技術の活用は、関係性や予算等の問題があり、個人で全て調整・コーディネートすることはとても難しい。ただ、広告会社には、クライアントの課題解決のために、(もちろん一定の制約はありますが)それらの手段を自由に活用し、形にしたものを世の中に発信するノウハウがあります。関わったメンバーで考えた企画が、日本中の人に知られたり影響を与えたりすることは、非常にやりがいがあり醍醐味だと思います。
Q. 入社前、「広告会社の営業」という仕事にはどんな印象を抱いていましたか。
入社前から広告会社の方と話す機会があったため、入社前後でイメージの変化はそれほどなかったのですが、予想以上に営業の業務領域が広いという印象はありました。例えて言うと、コンサルタントであり、プロデューサーであり、クリエイターでもあると思います。プロジェクトの立ち上げから終了まで全てを統括し、既存の広告メニューを売るという単純なものでなく、クライアントの課題解決のためにプロジェクトの方向性を決定したり、広告表現にも携わったりします。限られた分野だけの仕事はしたくないと考えていたので、その点では良かったと思っています。
Q. これから、挑戦してみたい仕事やかなえたい夢があれば教えてください。
産官学連携の広告プロジェクトです。企業ブランディングや商品のプロモーションに留まらず、地域活性化など世の中を良くすることにつながる仕事に関わりたいですね。 また、音楽や漫画等が趣味なので、音楽フェスの立ち上げやミュージシャンや漫画家の方々とも仕事をしてみたいです。加えて、現在担当しているゴルフトーナメント以外のスポーツにも幅広く携わりたいと考えています。
Q. あなたが感じる「YOMIKOらしさ」を教えてください。
「ユニークなところ」です。上位広告会社との競合プレゼンで勝ち抜くためには、他にはないユニークさや新しさが求められると思っています。それは提案の内容だけでなく、人もそうです。広い意味でユニークであることが「YOMIKOらしさ」ではないでしょうか。また、入社前は、博報堂DYグループの知見やネットワークを活用できること、不動産分野やアニメに強いという印象がありました。それと同時に、入社後は、幅広い業種のクライアントと取引をしていて、総合広告会社として取り組める仕事の領域も広いという思いが強くなっています。

INDEX

営業局 宮田 翔平
営業局 熊谷 友里
営業局 山邉 友美
営業局 川越 卓郎
営業局 糸井 佑樹
クリエイティブ局 永野 広志
メディアプランニング部 毛受 祐輔
統合ソリューション局 古川 亮輔
クリエイティブ局 深田 充宏
都市生活研究所 藤田 剛士
統合ソリューション局 柴田 愛
営業局 矢野 優毅
営業局 下田 夕花子
営業局 新田 隼司
営業局 岡村 明理
クリエイティブ局 中村 允俊
統合ソリューション局 肥後 晶
営業局 土井 泰輝
営業局 後藤 花菜
営業局 瀧澤 智成
営業局 上野 あゆみ
都市生活研究所 田中 悠詩
統合ソリューション局 小関 美南
PAGE TOP