PEOPLE

営業局 土井 泰輝

大学で、とことん学んだ『福祉』の分野。いつか、広告の力で貢献したい。

営業局 土井 泰輝 YASUKI DOI

Q. 現在の仕事内容について教えてください。
主なクライアントとして、複数の教育系事業会社や通信販売会社を中心に担当しています。教育系事業会社では、WEBサイト・販促ツールの制作から媒体の選定・購入まで、幅広い業務に携わっています。現在は新人のため、基本的には上司・先輩のサポートが主ですが、案件によってはメイン担当者として業務に取り組んでいます。
Q. 一緒に働いている上司・先輩はどんな雰囲気ですか。
仕事においては、真摯にクライアントやその商品のことを考え、常に厳しい姿勢で業務に臨んでいる方ばかりです。一方、業務の合間や休憩時間には、よく冗談が飛び出したりバカ話をしたりと、和気あいあいとした雰囲気です。とても話題豊富で面白く、色々なことにアクティブな方が多いイメージですね。
Q.仕事をする上での楽しさを教えてください。また、普段から心がけていることはありますか。
オーソドックスかも知れませんが、実際の広告の現場で、自分が関わったモノ・コトが世の中に出て、しかも皆さんの反応が良かったときは、とても嬉しく感じました。一方で大切にしたいのは、「他責」ではなく「自責」の視点です。たとえば職場で起こった仕事のトラブル・問題を、自分のミスではなかったとしても、他者や環境のせいにせず自分に関わりのあることとして捉える姿勢です。常に、当事者意識を持って業務に取り組んでいくよう心に刻んでいます(ビジネスの世界では当たり前のことですが、本当に難しいと日々実感しています)。
Q. これから、挑戦してみたい仕事があれば教えてください。
大学時代はCSRやSRIなど福祉関連の研究をしていたため、いつかは「広告×福祉」をテーマに、クライアントにも、生活者にも、社会にも、そして読売広告社にとってもメリットがある “四方良し” のコミュニケーションを提案してみたいと考えています。
Q.就職活動中に、自分なりに意識していたことや心がけていたことがあれば教えてください。
企業の知名度やステータスなどを意識せず、自分に合った企業へ目を向けていました。また、エントリーシートや面接では嘘をつかず、ありのままの自分で正直に臨んでましたね。あとは、周りに流されることが一番危険だと思っていたので、誰かがやっているから自分もするのではなく、自分にとって必要なことは何か意識的に考え行動に移していました。
Q.就活生のみなさんにアドバイスをお願いいたします。
大学時代までは、自分の人生や考えを否定されたと感じることはそう多くないですよね。そんな中、就職活動で初めて挫折を味わう方も少なくないと想像します。大変だとは思いますが、自分を信じて、自分に合った会社に行けるように頑張ってください!

INDEX

営業局 宮田 翔平
営業局 熊谷 友里
営業局 中村 裕一
営業局 山邉 友美
営業局 川越 卓郎
営業局 糸井 佑樹
クリエイティブ局 永野 広志
メディアプランニング部 毛受 祐輔
マーケットデザイン局 古川 亮輔
クリエイティブ局 深田 充宏
都市生活研究所 藤田 剛士
統合ソリューション局 柴田 愛
営業局 矢野 優毅
営業局 下田 夕花子
営業局 新田 隼司
営業局 岡村 明理
クリエイティブ局 中村 允俊
統合ソリューション局 肥後 晶
営業局 後藤 花菜
営業局 瀧澤 智成
営業局 上野 あゆみ
都市生活研究所 田中 悠詩
統合ソリューション局 小関 美南
PAGE TOP