MESSAGE

社長からのメッセージ

代表取締役社長 藤沼 大輔 DAISUKE  FUJINUMA

広告業界とYOMIKOのこれから

当社が標榜している「プロモーションコンサルティング」とは、マスメディアのみに依存することなく、生活者発想に基づいたプロモーションアイデアを核に、クライアントの商品やサービスが「売れる」「支持される」こと、つまりクライアントのビジネスを成功に導くことを第一義にソリューションを構築する考え方です。このようにプロモーション領域を会社の柱のひとつにする考え方は、今後も継承していきたいと考えています。

近年、広告業界に大きな影響を与えているのが「デジタル化」です。テレビや新聞など既存のマス広告に加えて、インターネットの普及に伴いWEB広告の規模は飛躍的に拡大しています。従来は、広告がどの程度のターゲットに到達したのか、それによってどの程度の生活者が実際に動いたのかという結果・効果は、大雑把にしかつかめませんでした。しかし、この「デジタル化」によって明確な数値として把握できるようになり、クライアントに対しても様々な分析をもとに詳細な結果報告ができるようになりました。このようにデジタル化された効果測定を含めプロモーション施策全体を検証するとなると、広告業界で働く私たちがデジタル化をさらに理解し、その分野に精通していかなければなりません。

ただし、あらゆることがデジタル化され、昔ながらのアナログな部分がなくなってしまうかというと決してそうではなく、テレビCMや新聞広告など視覚で訴える分野はこれまで培ってきた知見があるため、引き続き確実に残っていくでしょう。したがって、従来の手法の良い部分を残しつつ新しい手法も取り入れながら、より効果的なプロモーション施策を模索していくことになります。しかし、今後そのあり方はますます変化することが予想されるため、当社も臨機応変に対応することが求められると考えています。

当社が属する博報堂DYグループには、博報堂DYメディアパートナーズ(以下、MP)という世の中にある幅広いメディアを取り扱う事業会社があります。今後もこのMPと一体となってデジタル化への対応を進めていきたいと考えていますし、メディアに関する様々な情報をスピーディーに入手できる絶好の環境を活かして、若手社員にもどんどん新しいチャレンジしてもらいたいと思います。

学生の皆さんに期待すること

広告会社は、何もないところからモノ・コトを創り上げることが仕事です。言ってみれば、会社が“売り物”を与えてくれるわけじゃない。だからこそ、それがメチャクチャおもしろい!と思える人が向いているのではないでしょうか。

また、これは広告業界に限った話ではないと思いますが、仕事においては自分が正しいと考えることがすべて通るわけではありません。中には、理不尽だと思えることもあるでしょう。そういう状況に陥ったり逆境に立ったりした時に、個人としてはもちろんですがチームとして必死に考え抜いて打開していくことが重要です。

さらに、どうすれば人が動くのか、ひいては世の中が動くのか、考えて、考えて、考え抜きます。クライアントの抱える商品やサービスは全て違うもの。それに応じて、広告は全てカスタマイズして創り上げていくものです。だからこそ、考え抜くことがおもしろいと感じる人にぜひチャレンジしてほしいと強く願っています。

PAGE TOP